ワキガの臭いの種類とは

ワキガには様々な臭いがあります。代表的なのは酸っぱいニオイ・・・でも、酸っぱいニオイだけがワキガじゃないんです。

人によって食べている物や体調にもよるので、どんなニオイでも臭いがしたらワキガワキガかなと思った賢明です。

 

ワキガのニオイは、一般的に思春期に強くなると言われています。ですから思春期に気付けばいいのですが、徐々にニオイが強くなっていくと気付きにくいし、その匂いに鈍感になってしまいます。ですから自分のニオイがワキガだと気付き憎いことも多くあります。ワキガのにおいの種類も色々あることを知って、ワキガであることを一日も早く自覚してケアすることが大切です。

 

代表的な臭いはとは

●お酢のようなツンとした酸っぱい臭い
●香辛料のような枯れた臭い
●納豆みたいな発酵したような臭い
●鉛筆の芯のような臭い

 

お風呂で脇を綺麗に洗い少しの時間普通に過ごして脇を嗅いでみてください。強弱あると思いますが、当てはまるにおいがある。あるいは当てはまらないけど何だかクサイ場合もワキガの可能性があります。
自分でわからない場合は、家族に聞聞いてみてください。最近は臭いチェッカーも安価であるようです・・・
ワキガを確認したら、まずは清潔にして規則正しい生活とストレスを溜めないようにしてください。そしてビタミンやβカロチンを多く含んだ「野菜やキノコ、海藻など」のアルカリ性の物、臭いの発生を抑えるクエン酸としての「酢の物」あとは臭いの発生源となりにくい「魚介類」をとるように心がけてください。

 

そして、ラポマインで、すぐにワキガの臭い対策をしてください。

 

トップページに戻る

 

Lapomine

ページの先頭へ戻る