ワキガのメカニズムを知ろう

ワキガの臭いは、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺の分泌物かが皮膚にいる常在菌が食べて分解されることによりワキガの臭いが出ると言われています。中でもアポクリン汗腺が中心になるとなると言われており、分泌される量の多い人がワキガになると言われているんです。

 

アポクリン汗腺のタンパク質と脂肪を皮膚にいる常在菌が活発に分解し腐ったような臭いを発生します。さらに皮脂腺で皮脂が分泌され臭いを強めます。この強められたワキガ臭がエクリン汗腺によってさらに拡散されます。
また、服に染みついた汗が強い匂いの原因をさらに強くすることも結構あります。

 

わきが臭の主な原因のアポクリン汗腺から出る汗ですが、アポクリン汗腺から出る汗だけでは臭いません。その汗を常在菌が分解することでワキガの臭いが発生するのです。ですからアポマインで殺菌しながら汗の量をコントロールし、バランスを整える必要があります。さらに潤いを与えて、脇の状態をを整えワキガの臭いの出にくい状態にすることをおすすめします。

 

トップページに戻る

ページの先頭へ戻る